経営方針

金属、石油化学をはじめ電子・半導体工業、食品そして医療など
あらゆる産業分野で使用される高品質で安価な酸素ガス、窒素ガス
およびアルゴンガスの安定供給と顧客満足の向上を目指し、社会に貢献する。

会社概要

設 立

 昭和49年9月3日

 昭和51年1月16日営業運転開始

資本金  5,710万円
所在地

 本社 秋田市楢山登町1-20

 工場 秋田市飯島字古道下川端217-9

    秋田製錬株式会社 構内

事業目的

 液化酸素、液化窒素、液化アルゴン、酸素ガス、窒素ガスの製造

代表者

 取締役社長    日向野 正行 <大陽日酸(株)東北支社長>

 常務取締役工場長 髙橋 斉之

 工場長代理    三浦 正樹

株 主

 大陽日酸株式会社

 株式会社相場商店

 東邦アセチレン株式会社

 岩谷産業株式会社

従業員

 平成30年4月1日現在 15名(男性14名 女性1名)

工場敷地

 4,251㎡

所属団体

 秋田商工会議所
 秋田県高圧ガス協会
 秋田県労働基準協会
 秋田県石油コンビナート等特別防災区域協議会
 秋田市防火安全協会
 秋田地区石油コンビナート等特別防災区域協議会

沿革

 昭和49年9月3日 

 日本酸素株式会社と株式会社相場商店の共同出資により

 秋田液酸工業株式会社設立

 昭和51年1月16日   HGE6,000型空気分離装置営業運転開始
 平成9年9月11日 

 MMG7,600型空気分離装置起工式

(需要増に対応すべく、新プラントを秋田製錬株式会社構内に建設)

 平成10年3月31日  HGE6,000型空気分離装置廃止
 平成10年5月1日  MMG7,600型空気分離装置営業運転開始
 平成12年5月1日  ISO9001 認証取得
 平成26年9月3日  秋田液酸工業株式会社 創立40周年
 平成29年7月1日  ISO9001 2015年版に移行
 平成30年9月23日  無事故・無災害 15,000日(継続中)

事業概要

圧縮した空気を、空気分離装置により冷却液化し、蒸留にて液化酸素・液化窒素・液化アルゴンに分離しています。

製造された液化ガスは、CE(液化ガス貯槽)に貯蔵されます。その後、タンクローリー車に充填され、お客様への液化ガス供給が行われます。

 

液化装置は、動力原単位が非常に低く、かつ夜間電力利用の省エネタイプです。

ISO9001認証取得工場であり、品質管理には万全を期しております。

 <製造製品紹介>

ガス分類

 製品ガス種類

 主な出荷先
液化ガス

 液化酸素(医療用・工業用)

 病院医療関係・機械金属工場・充填所・宇宙研究機関

 液化窒素(医療用・工業用)

 半導体関連工場・充填所・宇宙研究機関
 液化アルゴン(工業用)  半導体関連工場・充填所
圧縮ガス

 酸素ガス

 秋田製錬株式会社へオンサイト供給

 窒素ガス

 所内で利用

詳細は、リンク内<秋田液酸工業株式会社 紹介記事>もご覧ください。

有資格者数一覧

                                 <2017年6月1日現在>

 <国家資格>
 高圧ガス製造保安責任者(甲種) 4名
 高圧ガス製造保安責任者(乙種) 10名
 第三種電気主任技術者 3名
 エネルギー管理士 2名
 乙種危険物(4類) 6名
 第1種電気工事士 1名
 第2種電気工事士 1名
 <技能講習>
 第一種圧力容器取扱作業主任者 13名
 床上操作式クレーン 8名
 玉掛け作業者 7名
 酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者 5名
 ガス溶接 3名

液化ガス貯槽、タンクローリー車
液化ガス貯槽とタンクローリー車
製造工場外観、精留筒
製造工場外観と精留筒
管理室
管理室
分析装置
分析装置

↑画像クリックで拡大